どっちがいい?粉末タイプと自作グリーンスムージー

粉末のグリーンスムージーは、定期的に飲むにはとても便利なものです。野菜や果物の価格変動に影響されることがなく、栄養価も一定なので材料によってカロリーが増えすぎることもありません、粉末タイプなので持ち運びが簡単で、出かけ先でも飲む事ができる優れものです。

 

しかし、粉末タイプのグリーンスムージーには生きた酵素が含まれていないと言われています。手作りのグリーンスムージーには、材料によって様々な生きた酵素を取り入れることができますが、粉末にされる過程で生きた酵素はいなくなってしまうとも聞いたことがあります。

 

 

確かに酵素は体内に吸収される際に、アミノ酸に分解され酵素のままで吸収されることはありませんが、生きた酵素を摂取することによって、消化を助けてくれたり、胃もたれを解消してくれるといった効果と、そのほかの相乗効果も期待できるので、生の酵素を積極的に摂取したいものなのです。

 

ですから、それぞれの良い部分を上手に利用して、時間がなくお金もない時用に粉末タイプを購入しておき、手作りタイプのグリーンスムージーと組み合わせて飲むことで、賢く継続的に飲み続けることが出来るのではないでしょうか。