グリーンスムージーに甘さを求めすぎるとやっぱりカロリーオーバー!?

グリーンスムージーを作る材料は、基本的に水と野菜と果物です。グリーンですので、野菜は色の濃い葉物野菜を多く取り入れると良いでしょう。

 

ただ、生のほうれん草などに含まれるシュウ酸はグリーンスムージーに適していないなど、栄養素の細かい内容まできちんと把握して作るようにしましょう。有名な本にはほうれん草を使ったレシピも書いてあるのですけれども・・。

 

で、カロリーのお話ですが、グリーンスムージーは一日1リットルというかなりの量が必要なダイエット方法もあります。これを野菜と果物で作るとなると、意外とカロリーが高くなってしまう事があります。

 

多くの場合、ついつい飲みにくいからと糖分の多い果物を入れ過ぎてしまう事が原因のようです。確かに、美味しくないスムージーは続けることが難しいですからね。食事は人が生きていく中で、楽しみであってよいものです。美味しくもない物をいやいや飲んでも、健康に良いとは思えません。それでも、甘い果物はカロリーが高くなってしまいがちなので、抑えるように努力しましょう。

 

旬の野菜や果物は、旨みが増していますが、同時旬ではない時期に比べて、カロリーが高くなる傾向もあります。栄養価が高いので外したくないのですが、旬の食材を利用する場合は、他に組み合わせる食材を低カロリーの物にするなどの工夫が必要でしょう。栄養的にもカロリー的にもにもばらつきが生じないような、美味しい手作りスムージーが作れると良いですね。

 

 

低カロリー!すばやく作れるグリーンスムージー @cosmeランキング1位獲得!
ミネラル酵素グリーンスムージー